スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIHO MUSEUM, ラ.コリーナ

MIHO MUSEUM 開館20週年記念特別展

20年前の1997年はFゲーリー設計のビルバオ.グッゲンハイム美術館、Rマイヤーの設計したJPゲティ美術館(ロスアンゼルス)がオープンした年だそうです。そしてIMペイ設計のミホ美術館、随分話題になりました。
ちなみにペイは今年4月に100歳になったそうです。
スゴイ!
ミホ美術2017_0802AA
正面ファサード
建物はほとんど地下に配置されている。

ミホ美術2017_0802AC
エントランスホール
正面の松は襖絵を意識して配したのでしょう。
森の中の建物で、ロケーションはバツグン。

ミホ美術-1
北館で雪村の企画展をやっていました。
室町末期に東日本で活躍した絵師だそうですが、私は知りませんでした。
中々見ごたえがありました。

ミホ美術2017_0802AN
アプローチのトンネルも中々のものです。


ここから車で一時間、ラ、コリーナへ
菓子(洋菓子、和菓子)のテーマパーク
平日にもかかわらず、大勢の客。
バームクーヘンのレジは長蛇の列でした。
スゴイ!

コリーヌ2017_0802AJ
ゆるいとぼけた建築群
西洋の騎士を連想させるヘルメット。これは管理棟のようです。
まさにフジモリワールド。

コリーヌ2017_0802AN
店内のディスプレイもたのしい。

コリーヌ2017_0802AP
テラスのカフェテリアもきちんとデザインされていてとても気持ちいい。

コリーナ

コリーナ-2


スポンサーサイト

美術館、博物館、をぶらり旅。姫路、神戸、西宮

姫路城界隈
 平成の大修理が終わって二年経ちました。
 四十数年前に一度来たことはあるのですが、その時は天守閣に登っただけ。
 今回はじっくり観ることにしました。
 東西南北、見る場所によって様々な表情があり見飽きません、さすが世界遺産一号、納得です。

姫路2017_0519AN-2

姫路城-2

姫路城-1

姫路城-3

好古園
 姫路城西屋敷跡庭園
 九つにテーマごとに区分けされた幕の内弁当のような庭園
 中でも竹の庭が気に入りました。
姫路2017_0519AY-2

潮音斎
姫路2017_0519AU

姫路市立美術館
姫路2017_0519BH-2
元は旧陸軍の倉庫、戦後市役所として使用された後、1983年に美術館にコンバージョン。
ユトリロの企画展をやっていましたが、私は郷土の版画家、乾太のモノクロの木版画が気に入りました。

姫路文学館
1991年 設計、安藤忠雄
姫路2017_0519BM-2

姫路2017_0519BN

姫路2017_0519BR-2
とても豊かな外部空間ですが...バブル時代の建築?

神戸にて

竹中大工道具館
2014年オープン
神戸2017_0520AR-2

神戸2017_0520AT-2

神戸2017_0520AI
 外観、内部空間、インテリア、展示品、展示方法、庭園、近隣との調和、メンテナンス......等
 全てに渡ってカンペキ。
 完成度が非常に高い。
 会社の顔、意気込みがひしひしと伝わってきます。

横尾忠則現代美術館
2012年県立近代美術館(村野東吾設計)の隣にオープン
神戸2017_0520AY-2

神戸2017_0520BA
横尾忠則の天才ぶりを堪能しました。

西宮にて

白鹿記念酒造博物館
記念館
1982年 設計、竹中工務店
35年前の建築、渇色タイルにシンプルな造形、当時の竹中カラーが存分に表われています。

西宮2017_0520AB-2

神戸2017_0520BF

酒蔵館
西宮2017_0520AJ-2

西宮2017_0520AF
明治以前に建てられた木造の酒蔵でしたが、神戸淡路地震で倒壊したものを復興させたものです。

白鹿クラックス
西宮2017_0520AK-2
酒の販売店とレストラン



 

喫茶hiraya

蒲郡の竹島水族館の帰りのティータイム、
喫茶hirayaに寄りました。
昭和の普通の平屋住宅を改装した店。
外観はあえて?ほとんど手を入れず、素朴な風情
看板も小さく、これが喫茶店とは気づかない
通り過ごしてしまった
近くの人に聞いて、やっと「あーこれか?」とビックリ。

a2017_0401AH

a2017_0401AB

a2017_0401AE

a2017_0401AF

しゃれた古民家改装ではなく、素朴で゜らしくない゛インテリアに店主のアキヨシさんの感性がよく出ている。
椅子、テーブル、ランプ、スイッチなどもバラバラの古道具。
常滑焼作家の大澤さんの作品もいい感じで決まっている。

この敷地の一角の倉庫にセレクトショップなど4店出ている。
まだ倉庫に余裕があり、全部詰まって整備すると地域の魅力的なおコミュニティスペースになるだろう。
しかし、駐車スペースのこともあるし、それもどーかなーとセレクトショップの女性はとまどいをみせた。

経営的には苦しいと思われるが、人との出会いを楽しんで店をやっている感じ。
応援してあげたい。

喫茶hiraya
蒲郡市新井町14-33








有松スケッチ


 絞りの里、有松へ行きました。
 三十数年ぶり。
 きれいな街並みに整備されていて、イロイロとイベント等も開催し、頑張って町おこしをしているようです。
 しかし、如何せん規模が小さい。
 県外から客を呼べるかな?
 ともあれ、関係者の努力に敬意を表します。

有松2017_0218AC-2
 街並みは美しいが短い。

有松2017_0218AE-2
 服部邸 蔵

有松-2

有松-1

この頃の゜クー゜

 セキスイハウスのあのコマーシャルが好きです。

 柴犬の子が少女に拾われ、飼ってもらって、幾星霜、
 少女は娘になり、子犬も老犬となる。
 そんなある日
 「なんだかー」と少女
 「そりゃー歳もとりますよ」と老犬

coo20132017_0118_144453AA.jpg

 前のゴン姉さんが亡くなって、すぐワンワン動物園からフジタさん家に住むことになりました。
 文字どうりの箱入り娘でした。

 どうです、わたしってカワイイでしょ!

coo2003_0715AB2.jpg

 娘盛りの時もありました。
 お立ち台でポーズを決めてみました。
 どうです。ナイスバディでしょ!

 時には事務所に来られたお客さんのお子さんのお守りもいたしました。
 又、毎日主人の散歩のお供もつとめました。
 決してむだ飯を食っていたわけではありません。

coo2016_1120AB.jpg

 あれから12年
 この頃主人の勝手ツンボが移ったのか、耳が遠くなりました。
 「クーちゃんご飯だよー」の主人の呼び声がよく聞こえません。
 食事皿をカンカンと鳴らす音でやっと気がつく始末です。

COO2017.jpg
 
 正月明けの私です。

 かつてのお色気ありませんし、
 あまり人前に出たくはありません。

 そんなわたしをジーと見つめて
 「なんだかー.......」 と、主人
 「そりゃー歳もとりますよ.....」 と、わたし




プロフィール

藤田 建築設計事務所

Author:藤田 建築設計事務所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。