愛知トリエンナーレ

愛知トリエンナーレが始まった。
過去2回あまり面白くなかったので今年はパスしようと思っていた。
ところがフリーパスをもらったので行ってみることにした。我ながらセコイ!
招待ならありがたいとオープニングパーティにも出席した。
盛大なパーティだった。
名古屋市長の河村さんの名古屋弁の英語の挨拶はご愛嬌。
愛知トり2016_0810AC

四日間にわたって観てきました。
名古屋の愛知県美術館と市美術館で一日
岡崎会場で一日
豊橋会場で一日
名古屋の長者町、栄会場で一日
極暑のなか少々くたびれました。

感想
前二回よりはよかった。
県美術館はかなり充実していた。
基本的にはまだ無名の若い作家の作品が多く、おもしろい作品も結構観られた。
また、まえ二回より、オリジナリティだけをねらった瞬間芸的な作品は少なかった。
今回はベテランの三人の作品が光る。
73才アメリカのグレッツィンガー、73才北海道の岡部昌生、67才豊橋の味岡伸太郎
オリジナリティ、完成度とも抜群。
とくに岡部さんの作品はぼくのハートに激しく共振した。
彼を知っただけでも今回のトリエンナーレは収穫でした。

愛知トり2016_0810AB
グレッツィンガー
50年近くに渡ってこの地図を描き続けているのはただただ愕き。
A4ほどの一枚一枚の絵も完成されており、又もちろん全画面も完成度は高い。

愛知トり2016_0816AB
 味岡伸太郎
 「土の仕事」を二十年まえ?から続けている。
 三河のダビンチ、マルチアーティスト
 ちょっとこわい人だが作品は皆スバラシイ


愛知トり2016_0816AK
 岡部昌生(県美術館)
 樹、岩、土、いろんな素材をフロッタージュ(転写)して記憶や風土、歴史を表現。
 渋い美

愛知トり2016_0816AU
 岡部昌生(名古屋市美術館)
 
愛知トリ2016_0820AG
 岡部昌生(豊橋、開発ビル)
 エアコン装置と一体に作品にしている。

 三人に共通しているのは、一つの作品創りに膨大な時間と労力の消費が見え、
 時間の重みと熟成にただならぬ気迫が感じられます。
 
 県美術館のみで他の会場はパスしてもいいかも..........

 







スポンサーサイト

奈良でスケッチ

冥土のみやげシリーズ

今回は奈良
奈良は何度か行っているがちゃんとみていない。
行ってない所もいっぱいあるし.......。

日本人の故郷
やっぱり、いいねー。

奈良-1
 室生寺
 小雨にけむり、しっとりとした静かな佇まいでした。

奈良-2
 室生寺、入り口

奈良かかし-2 (10)
 室生寺から長谷寺への道中
 「おばあさん、こんにちは.........」 思わず声をかけたくなる。
 村人?の遊びごころが嬉しい。

奈良-3
 長谷寺

奈良-4
 法隆寺
 修学旅行シーズン?小、中学生が多い
 以外と中国、韓国を含め外国人観光客は少ない。

奈良-5
 法隆寺    
 中宮寺から夢殿を望む

奈良-6
 法輪寺

奈良-7
 法起寺

奈良-8
 唐招提寺

奈良-9
 薬師寺

奈良-10
 今井町
 古い町並みが面で残っている。
 50年前に行ったことがあるが、ずいぶん整備されてきた感。

奈良写真館-2 (16)
 奈良市写真美術館

 黒川紀章 設計
 黒川さんらしくなく、おとなしい。
 気持ちいい建築だ。
 ただ、アプローチの道の狭さには参りました。

100n年記念館-2 (8)
 奈良100年会館

 1998年 磯崎新 設計
 さすがにイソザキさん
 スゴイ! ただただ参りました。
 





岐阜の散歩

ぎふメディアコスモスへ行った。
去年の秋オープン以来、づーと気になっていた。
期待に違わず、スバラシイ。
知的で美しく、しかもユーモアを漂わせている。
思わず、「ウーン」と唸る。
岐阜図書2016_0502AV
 外観は4面ともガラス張りでおとなしいが、

岐阜図書2016_0502AN
 2階図書館
 全てスバラシイ、言うことなし。

岐阜図書2016_0502AF
 1階ロビー
 簡素な仕上げだが、ゆったりと余裕がある。

 ヒコーキを見に行く
 かかみがはら航空宇宙科学博物館
飛行機2016_0502AS
 建物デザインは感心しないが、さまざまな種類のヒコーキが内、外に展示されていて、男の子はワクワクするにちがいない。
 戦闘機のコックピットに座って操縦かんを握ってアクロバット飛行も体験でき、大人も十分に楽しめる。

飛行機2016_0502AI
 マッハ2の戦闘機?

 シャープペンシルの先端のような機首
 究極の機能美
 実践用機はこのようなハデな塗装ではなく、もっと美しいだろう。

飛行機-1
 レシプロエンジンの飛行艇

 数多くある展示機のなかで、ぼくはコイツが一番気にいった。
 戦闘機がスマートなサヨリなら、コイツは無骨なカサゴだ。
 頼りがいがある働き者のオヤジの風情
 ほれ込んでスケッチした。
 ごまかしがきかず、少々難儀した。
 
 

 
 
 

吉野千本桜

 人生、林住期も後半
 そろそろ、いい冥土の土産を用意しなくては

 今、桜が真っ盛り
 そうだ日本一の桜を観に行こう
 日本中、桜の名所だらけ
 迷う。
 が、とりあえず吉野の千本桜が日本一と決める。

吉野桜2016_0408AD-2
 下千本

吉野桜2016_0408AT-2





 

続きを読む

渥美半島をブラリ

二月十一日、建国記念日
快晴
どこかに出かけなくちゃー
で、渥美半島へドライブ
お目当ては菜の花

菜の花渥2016_0211AD
トヨタ田原工場
工場敷地内の菜の花畑
トヨタを定年退職したおじさんが゜菜の花守゜をしている。
あいさつすると、「今が丁度見ごろだねー」と笑顔で答えてくれた。
トヨタ、やるなー

菜の花渥2016_0211AN

伊良湖菜の花ガーデン
たくさんあるビューポイントの中でここがメインの菜の花畑
駐車場はほとんど満車、多くの人が訪れていた。



続きを読む

プロフィール

Author:藤田 建築設計事務所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR